« ブログ開設 | トップページ | 自分の体のことをもっと探求しましょう »

日本ウェラー ザン ウェル学会へ入会

            [第1回ウェラー、ザン、ウェル学会、壇上は、川竹さんではありません。)

川竹文夫さんが2006年10月21日、設立を宣言。私は、すぐ入会を申し込んだ。

2007年4月7日第1回総会が東京国際展示場前TFTビルで開かれた。私も出席、素晴らしい力強さと医療を変えるうねりになれる、きっとなれると心がわくわくしてきた。

Weller Than Well 直訳すると「健康なときより、いっそう健康」と言う。

NPO法人がん患者学研究所代表でもある川竹さん。「自助努力によってガンを治した人は、ガンになる以前にも増して、心身共に、はるかに健康で幸せな人生を送る事が出来る」と。より積極的な解釈を
している。私は、13年前ビワ温熱療法に出会い、これを自分の仕事にしようと決意したのは、正に
それを伝えたくてやってきた。
体験や勉強を繰り返しずーと学び続けているが、自分の治癒力の素晴らしさ、奥深さがあるからです。
川竹さんのプロフィールは、NHKで番組ディレクターをしていた1990年に腎臓ガンを発病。手術で右
の腎臓を全摘した。腎臓ガンの発病をきっかけにガンの自然治癒の研究を始める。NHKスペシャル
「人間はなぜ治るのか」製作.月刊誌「いのちの田圃」を創刊。以後、精力的に執筆と年間60回の講演
活動を行う。2003年、世界初の「千百人集会」を成功させる。主な著書に「ガン、治る法則」12ケ条、
(三五館)、「幸せは、ガンがくれた」(創元社)、ビデオ「ガン完全治癒の法則、ビデオ+書籍「治る食事」
「治る力、市川式手当て」などがある。
ビワの葉温熱療法普及会、月間紙「ビワと健康」にも活動が詳しく掲載されていた。

あなたは、もうこれ以上、苦しんではいけない!
私たちと一緒に治りましょう!
今度は、あなたが治る番。
「ガンは治る。再発転移はもちろん、末期がんもやはり、治る」
生活リズム、食事で免疫力を、絶対に治ると勇気だして!

ガンの克服体験やアドバイスなどををまとめた冊子「すべては、あなたが治るため」の無料配布「がん患者を勇気付けたい」と話す川竹代表は、128万部無料配布中です。

私も皆様へお渡ししております。自然治癒力、自然療法にご興味のある方、ぜひご連絡くださいませ。ガンの方はもちろん、いろんな症状で悩んでいらしゃるかたご連絡ください。

ガンを克服された体験者だからこそ、親身の力強い言葉と心と行動に必ず勇気が湧いてくることでしょう。

ガン「治ったさん」3,000人集会を目標に「ガン治ったさんから学ぶ」事によって、医療を変えていく力になる、「医療変革をする」とおしゃっています。

私が正にやって行きたい目標は、「自分の体は自分で守ろう。自分の体は、自分で治そう」です。自分の体に責任を持つ、自己管理能力を養う事を広めたいと思っています。

川竹さんJは、ガン末期(あと1ヶ月のいのち)の状態から、玄米菜食とビワ温熱療法を治ったさんから学びお元気になられました。

私は、玄米に古代米を少し入れてウィル、サーチのウィル、ライスを1缶(酵素の働きの分解技術でできたもの)入れて、土鍋で炊き上げています。とってもおいしいです。
お米は、不耕起栽培、NPO法人メダカのがっこう、生き物いっぱいの田んぼからできたものです。
365日3度3度頂く主食は、良いお米でいただきましょう。
調味料は、3年以上発酵させた自然の物を使いましょう。
朝、目覚めたとき枕元で体温を計る習慣をつけましょう。
基礎体温の平均が36,5度あれば、健康維持ができます。
さあ健康に注意し楽しい老後を創ってっていきましょう。

            わたくしの‘ホームページはこちらから

|

« ブログ開設 | トップページ | 自分の体のことをもっと探求しましょう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ウェラー ザン ウェル学会へ入会:

« ブログ開設 | トップページ | 自分の体のことをもっと探求しましょう »