« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

第4回 世界一元気 ガン患者学ワールド

Img_3416_3今年も咲いてくれました。

ひとつひとつの花が満面の笑顔に見えます。

  2007年5月23日撮影

2007年9月29日(土)海老名市文化会館 大ホールでおこなわれます。

続々つどう、治す賢者たち。わき上がれ治る力、あなたのために!

自分の治す力をつけて「治ったさん」が集います。ぜひぜひ足を運んで聞いて見ていただきたい。真実のお話から、あなたも心から揺さぶられる、わたくしも治るんだ、やって行こうと勇気が湧くことでしょう。ご家族さまで参加をお待ちしております。

前回までの参加者の声を患者学ワールドの資料から紹介させていただきます。

・どのせんせいもすごい!もうホントに満足です!

・うれしく楽しく癒されて、何を聞いても涙がながれました。

・勇気と希望をこんなに与えてくれたガンの講演会は初めてです。

・なやんであがいて苦しんで、ここに行き着きました。

・絶対に「治ったさんバッジ」をゲットをするぞ!

・とにかく感激!勇気百倍!絶対治ると確信しました。

・全ての講演に感動して、笑って涙がでました。

・川竹さんも他の先生方もニコニコ嬉しそうで私もニコニコ。

・愛情をたくさんたくさん感じました。

・この会は、世界を人間を変える第一歩です。

・自信がついた。もっともっと知りたい。知らせたい!

・私も絶対治ると思えました。ありがとう。

・ほとんどが患者サンなのに、こんなに笑いが溢れるとは!

・余命宣告を吹き飛ばすことができました。

・これだけたくさんの仲間が、このやり方で治っている。

・三回のワールドをはしご。こんなにすばらしい機会を逃がすのは絶対に大損ですよ!

私もビワ温灸の指導を13年、食養生を勉強してまいりました。自分を信じ、自分が喜ぶことを一生懸命やっていけば、必ずガンを治すことが出来ると思っています。川竹さんの活動、行動に非常に感謝しています。今、ガンで悩んでいらしゃる方、どうぞご連絡下さい。良い知恵をつけて一緒に治す力をつけましょう。こんなに楽しい仲間がおります。ご連絡お待ちしております。

               わたくしのホームページは、こちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 世界一元気 ガン患者学ワールド

Img_3413_2Img_3420                              

海老名市文化会館 大ホール 9月29日午前10時から行われます。

ガンで悩んでいる方、ぜひご参加下さい。生活習慣病で困っている方、ご家族の方、

                                 友人、知人、皆さんお出かけください

がん患者学研究所代表 川竹文夫さン主催です。ビワライフへお問い合わせ下さい。ご案内いたします。

                       宣言

たった一度の人生  決して二度とない人生 だから、あなたには何が何でも治って欲しい、そんな思いで、私達は、全力を絞り、語りつくす決意です。

この日あなたは、たくさんの治った先輩たちの励ましを受ける事でしょう。そして、しっかりと、治る確信を得る事でしょう。この日から、あなたの人生は,着実に進化し始めるに違いありません。

ガンになる以前よりずっと心身共に、健康で幸せな人生を送る、、、、

そんな美しい進化を。

たくさんの仲間とともに。  (川竹代表のがん患者学ワールド資料より抜粋)

        -上の写真は,我が家の裏で咲いた石楠花とユキノシタです。石楠花は、4本義父にいただいたうち、一番最後に咲く小さな花が重なりあって咲く愛らしい花です。ユキノシタの花は、葉っぱは、肉厚ですが、花は、雪が舞っているような情景を思わせます。大好きな野の花の一つです。-

                     わたくしのホームページは、こちらから       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メダカのがっこう 伊豆修善寺 楽しかった!

5月27日田植えが終わりました.伊豆水口さんのお母さんが作ってくださったソラマメとえんどう豆をたくさん収穫して、一杯ご馳走になりました。Img_3448 Img_3447_1             

私のホームページは、こちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

``メダカのがっこう 伊豆修善寺 田植え

前の日に続いて今日は、朝宿泊先を8時ごろ出発して田植えです。田んぼ2面を午前中にやろうと張り切っています。何回も参加している仲間が多いので、長靴、日よけ防止、もんぺ、農家さん顔負けといった所でしょうか。大勢で鼻歌を歌って楽しそうにやっている風景は、ご近所の方も足を止めて話掛けてこられる。

食は大事ですから、半サラ半農、半弁半農(弁護士)、半教半農(教師)、、、、、皆が土に馴染んで自分で食べるものをちょっとでもつくったら生き方が変って来ると思う。地球を一緒に良くしようと面白くなると思う。

青空の下で汗を流すとメダカのがっこうのおむすびは、格別おいしい!

メダカのがっこうの「おむすび茶屋」が、東京神保町にあります。ぜひお越しください。

Img_3440_1 Img_3443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メダカのがっこう 生き物調査

5月26日伊豆修善寺水口農場の生き物調査に参加しました。今年で3年目、最初カエルの数を調べる。その後、泥を採取し、田んぼの生き物の調査。イトミミズ、ユスリカ、ヒル、カゲロウ、ヤゴ、モノアラガイ、アカネトンボのヤゴなど目を凝らして数える。それによって1ha当たりの生き物がわかる。農薬、除草剤を使っている田んぼとは明らかな違いが解かる。

生き物博士といえる(NPO法人田んぼ理事長などいろいろな役をされている)岩淵成紀先生は、盛岡から来てくださった。メダカのがっこうの生き物隊長若い林さんと2人の指示で開始。生き物が一杯いれば、カエルが住む環境が出来、鳥や虫たちも多く、自然循環がそ のままわかる。5歳のりょうくんは、カエルを手の上乗せ、おとなしく手なずけるやり方を先生に教えてもらい嬉しそう。

自然環境の良さは、生き物一杯の田んぼにかかってくる。

田んぼの微生物によって土の中のミネラルを吸い上げ酵素分解され、おいしいお米となる。生き物一杯の田んぼは、水も濾過されきれいになる。ー 田んぼの土の状態は、人間の腸内環境といえますね。

新谷式「良い腸相」健康長寿法=遺伝子と酵素バランス

   わたくしのホームページは、こちらから

Img_3425_6

Img_3435

図解 腸からはじめる幸せ健康法 Book 図解 腸からはじめる幸せ健康法

著者:新谷 弘実
販売元:新星出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »