日記・コラム・つぶやき

本物の食を追及、土作りの農場ツアー

5月19日~20日一泊二日で本物の「食」を追及しているウィルサーチの農場ツアーに参加して来ました。本物の「健食」ここにあり、と姿勢が感じられました。

場所は、福島県矢祭町です。静岡からと東京組みで大型バス1台、他マイカーで直接参加の人、総勢七十名位。12年前,若山博士(ウィルサーチの社長)と(有)甚右衛門高信社長との出会いがあり,土づくりに取り組んでいたと言う。今3万平米に土、堆肥づくりと野菜の栽培をしている。高信社長の情熱溢れる説明にもっと聞きたいとのめり込んでしまう。若山博士の前向きな考えとアイデアマン「三兎追って三兎共得る」真剣さは、感動的でした。

若山博士が研究した微生物郡を使って堆肥が作られ、お二人の名コンビがウィルサーチの製品の良さに繋がっていると感じました。どこまでも本物を追求する姿勢です。正しいことをやっていると他の会社には見られない、「社長が好き、結果の出る商品に感謝」と口々に言っています。

「食育」と言われるようになって久しいですが、高信社長のおっしゃるようにまずは、食物の土作りが大切。土が出来ていなければいい食は出来ない。食のルーツを知れば楽しいですね。6月4日から5日に又農場見学ツアーがあります。是非「まこも」までご連絡ください。一緒に行って見ましょう。

ナスの苗を見せてもらった時、根の張り方にびっくり。細いひげ根がびっしり。茎は太い。夏になれば,8メートルにも成長すると言う 。糖度は、5、7度。果物のようだ。

私達の命の源である「食」の探求を機会がありましたら、お出かけください。微生物と酵素の働きのことが理解できてきます。

Img_3390Img_3387_1

右の写真は、ナスの苗を高々と上げ説明している高信社長。

左の写真は、ほうれん草。つまんで食して、思わず「甘いね。」の声が、、、

              わたくしのホームページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわの実の泡盛漬をご紹介します

            先回びわの種と梅の酵素蜜漬をご紹介いたしました。
 

 今回ご紹介するのは、びわの実の泡盛漬です。(写真の一番左です。)
 写真の左から2番目は、びわの種の酵素蜜漬、右端は、梅の酵素蜜漬です。

 びわの実を泡盛で漬け込んで見ました。
 泡盛が血行を良くするなどの健康効果があると本に出ていました。
 (血栓を溶かす効果に優れて、動脈硬化などの予防をするほか、血液をサラサラにするとか)
 
 43度もある強い焼酎なのにとてもまろやかで香りもやさしいです。
 ほんの少し(盃一杯)毎日飲むと寝つきも良く、体がぽかぽかしてきます。
 胃腸にもよいですね。

 びわの葉や種の持つ血液浄化作用を相まって、体を温めてくれますよ。
 びわの種には、オレイン酸が豊富。又主要成分、アミグダリンを初めとする有機酸には、老化
 防止の効果や、肌を美しく保つほか、長寿の基のもなると本に書かれています。
 びわの葉と種と一緒に漬け込んでもよろしいです。
 びわの実が手に入った時には、びわの実を、、、
 お試しください。

             わたくしのホームページは、こちらから
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びわの種と梅の酵素蜜漬を紹介、抜群のおいしさ!

             昨年漬け込んでいたびわの種と梅の酵素蜜漬です。
 

 一年ぶりにお客様へ味わっていただきながら、蓋をあけました。
 びわの種は、生のびわの種を友人からいただいたものです。
 開けた途端に芳醇な香り、杏の香り、色とも幸せを感じます。
 水で5~6倍に薄めたびわの種の酵素蜜漬をワイングラスへ、口の
 中へ入った時の感動、なんと表したらよいか、みなさんも味わってい
 ただきたいですね。
 びわの種の薬効も優れものです。
 喉の悪い方、さまざまな症状にもお試し下さい。
 びわの季節は、短いです。
 今からご準備くださいね。
 酵素蜜は、微生物分解(麹菌など)でできたものです。
 メールでお問い合わせ下さい。

 梅も同じように酵素蜜の原液で漬けました。
 丸ごと健康に良いですから、おいしく飲んで元気になります。
 今年は、あなたも酵素蜜漬をお楽しみください。

           わたくしのホームページは、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の体のことをもっと探求しましょう

  (写真は、3月17日NPO法人メダカのがっこう福島郡山中村農場白鳥さんまた会うベー会で)

桜が終わり、新緑の季節がやってきました。5月の連休は、きっとどこもお花がきれいですね
たんぽぽ、れんげ草、よもぎ、ふき、など野草にも目を向けてみてください。
冬は、寒いからと体を動かさず背中を丸くしがちです。その上バランスを考えず食べ過ぎれば
腸に腐敗した物が溜まります。腸の温度も低くなります。体に毒素がたまりやすい状態です。
体に毒素が溜まれば、骨格の整体バランスも崩れ、コリ、痛み、しびれにつながります。

春になったら、思いっきり体の毒素を出しましょう。冬眠から覚めた熊は、冬眠中に溜めた毒素を
出すために、最初に蕗のとうを食べるそうです。野生の動物は、ちゃんと体の中に必要な物が本能的に解かるのですね。
おぎゃーと生まれた赤ちゃんも最初に砂糖湯でなく、苦いユキノシタの汁などちょっと舐めさせるとおっぱいがおいしく感じられ、勢い吸い付いて飲んでくれるそうです。 最初が大事ですね。
苦い味とすっぱい味、自然の素材のおいしさを覚えさせてほしいですね。

ほろ苦い春の野草には、体の毒素を出す力があります。
よもぎ、どくだみ、雪の下など摘んできて、お味噌汁に入れて食しましょう。 おいしいですよ。
お子様のおやつによもぎを入れたパンケーキ、今川焼き(中にあんこ、芋あんこ、ナスのミソ炒めなどを詰める)、簡単に作ってみましょう。

朝快便が、健康のバロメーターです。しかし現在困ったことに、学校の検便が出来ないと聞きました。
夜更かしする子、朝食を食べないなどから便がでない子が多いのですね。
夜更かしすると自律神経が狂ってきますから、気をつけてあげたいです。
これでは、生活習慣病のレールを歩いていくような物です。健康に気を使ってあげてください。
 
私は、健康維持にとても気をつけています。
冷えは万病の元ですから、枕元には、いつも体温計。朝目覚めた時、枕元でまず検温します。
基礎体温が36,5度になるよう、低い時は、原因をチェックします。
排泄物、尿、便のチェック。快眠、快便、快食になるよう心がけています。
自分の体の管理は、自己責任ですね。楽しい日々でお過ごしください。
           
                                     私のホームページは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ウェラー ザン ウェル学会へ入会

            [第1回ウェラー、ザン、ウェル学会、壇上は、川竹さんではありません。)

川竹文夫さんが2006年10月21日、設立を宣言。私は、すぐ入会を申し込んだ。

2007年4月7日第1回総会が東京国際展示場前TFTビルで開かれた。私も出席、素晴らしい力強さと医療を変えるうねりになれる、きっとなれると心がわくわくしてきた。

Weller Than Well 直訳すると「健康なときより、いっそう健康」と言う。

NPO法人がん患者学研究所代表でもある川竹さん。「自助努力によってガンを治した人は、ガンになる以前にも増して、心身共に、はるかに健康で幸せな人生を送る事が出来る」と。より積極的な解釈を
している。私は、13年前ビワ温熱療法に出会い、これを自分の仕事にしようと決意したのは、正に
それを伝えたくてやってきた。
体験や勉強を繰り返しずーと学び続けているが、自分の治癒力の素晴らしさ、奥深さがあるからです。
川竹さんのプロフィールは、NHKで番組ディレクターをしていた1990年に腎臓ガンを発病。手術で右
の腎臓を全摘した。腎臓ガンの発病をきっかけにガンの自然治癒の研究を始める。NHKスペシャル
「人間はなぜ治るのか」製作.月刊誌「いのちの田圃」を創刊。以後、精力的に執筆と年間60回の講演
活動を行う。2003年、世界初の「千百人集会」を成功させる。主な著書に「ガン、治る法則」12ケ条、
(三五館)、「幸せは、ガンがくれた」(創元社)、ビデオ「ガン完全治癒の法則、ビデオ+書籍「治る食事」
「治る力、市川式手当て」などがある。
ビワの葉温熱療法普及会、月間紙「ビワと健康」にも活動が詳しく掲載されていた。

あなたは、もうこれ以上、苦しんではいけない!
私たちと一緒に治りましょう!
今度は、あなたが治る番。
「ガンは治る。再発転移はもちろん、末期がんもやはり、治る」
生活リズム、食事で免疫力を、絶対に治ると勇気だして!

ガンの克服体験やアドバイスなどををまとめた冊子「すべては、あなたが治るため」の無料配布「がん患者を勇気付けたい」と話す川竹代表は、128万部無料配布中です。

私も皆様へお渡ししております。自然治癒力、自然療法にご興味のある方、ぜひご連絡くださいませ。ガンの方はもちろん、いろんな症状で悩んでいらしゃるかたご連絡ください。

ガンを克服された体験者だからこそ、親身の力強い言葉と心と行動に必ず勇気が湧いてくることでしょう。

ガン「治ったさん」3,000人集会を目標に「ガン治ったさんから学ぶ」事によって、医療を変えていく力になる、「医療変革をする」とおしゃっています。

私が正にやって行きたい目標は、「自分の体は自分で守ろう。自分の体は、自分で治そう」です。自分の体に責任を持つ、自己管理能力を養う事を広めたいと思っています。

川竹さんJは、ガン末期(あと1ヶ月のいのち)の状態から、玄米菜食とビワ温熱療法を治ったさんから学びお元気になられました。

私は、玄米に古代米を少し入れてウィル、サーチのウィル、ライスを1缶(酵素の働きの分解技術でできたもの)入れて、土鍋で炊き上げています。とってもおいしいです。
お米は、不耕起栽培、NPO法人メダカのがっこう、生き物いっぱいの田んぼからできたものです。
365日3度3度頂く主食は、良いお米でいただきましょう。
調味料は、3年以上発酵させた自然の物を使いましょう。
朝、目覚めたとき枕元で体温を計る習慣をつけましょう。
基礎体温の平均が36,5度あれば、健康維持ができます。
さあ健康に注意し楽しい老後を創ってっていきましょう。

            わたくしの‘ホームページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設

ブログを開設しました

健康に関して、日常生活の中で感じた事、日々のニュースの中でちょっと間違っているんじゃないかな、正しい良い情報をお伝えしたいなと思った事、逆に成る程、これはいい方法だな、ということ、
いろいろ織り交ぜて書いてみたいです。
おばあちゃんの智恵袋のようなものも出てきますから楽しみにご覧下さい。

写真は4月10日近くの相模川まで、自転車で走って撮影してきました。

                      


                  

                   私のホームページはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき